ストレスチェックにおける産業医の役割について

そしてレーザー脱毛しかいなくなった > > ストレスチェックにおける産業医の役割について

ストレスチェックにおける産業医の役割について

2016年3月10日(木曜日) テーマ:

ストレスチェック制度においては一年に一回以上の頻度で従業員に対してストレスチェックと呼ばれる検査を実施することが求められています。その際には実施者と呼ばれる責任者の設定が必要になりますが、一般的にこの役割を担うのが産業医となります。法的には医師以外にも保健師などが実施者となれる資格として知られていますが、ストレスチェック関連業務の中には医師でなければできないことが少なくないのです。
産業医が最も活躍する場面としては一般的にストレスチェック実施後にハイリスクであるということが分かった後になります。ハイリスク者は本人の申し出に伴って産業医の面談を受けることが出来ます。その面談名中で会社側に何らかの環境改善が必要であると判断された場合には医師の意見書という形で会社側に環境改善の意見を出すことが出来るのです。この様な仕組みで情報が有効に活用され、労働者のメンタルヘルスの維持のために役立てることが出来るのです。
参考はメンタルヘルス義務化厚生労働省INFO|職場における対策とはこちらです。



関連記事

色々な業者を見てトラブル防止に努めよう

色々な業者を見てトラブル防止に努めよう

2016年10月30日(日曜日)

話題のヘアビューザー!かなりおすすめです

話題のヘアビューザー!かなりおすすめです

2016年10月25日(火曜日)

発達障害の診断見込みの改善見込みを把握していないまま

発達障害の診断見込みの改善見込みを把握していないまま

2016年10月20日(木曜日)

朝のウォーキングは効力抜群です

朝のウォーキングは効力抜群です

2016年7月16日(土曜日)

高い価格での買取だって夢ではないのです

高い価格での買取だって夢ではないのです

2016年6月28日(火曜日)